目元パックの効果的な使い方&使う時の注意点

MENU

目元パックの効果的な使い方&使う時の注意点

目元パック 使い方 画像目元パックをスペシャルケアに使うなら、せっかくですし

効果的な使い方を知っておきたいですよね。

 

そこで今回は、効果的な使い方・注意点を説明していきます。
使う時の参考にしてみてください。

 

 

効果的な目元パックの使い方&ポイント

 

使う目元パックによって使用時間・使用方法がそれぞれ異なります。
なので、事前に説明書きを読んで使い始めましょう。

 

 

効果的な目元パックの使い方&ポイント

目元パック 使い方 画像

 

@洗顔後、化粧水・乳液をして肌を整えてから目元パックを使います。

 

A取り出す時は、有効成分がたっぷりな粘着部分を触らないように
注意しましょう。それから目頭の方からそっと肌へ貼っていきます。

 

B片手でシートがずれないように軽く押さえて、さらにもう片方の
手を使って目尻方向に優しく引き上げます。

 

C密着度・有効成分の肌への浸透力をアップさせるために、
30秒くらい目元全体を手のひらで覆います

 

D目元パックに明記されていた使用目安時間分パックしたら、
肌にダメージを与えないようにゆっくりとはがします。

 

E目元に残った美容液は、指の腹で優しく目元になじませましょう。

 

F目元パック後は、美容クリームなどを使って美容成分が
逃げないように肌の中にギュッと閉じ込めるようにしてケア終了!

 

 

目元パックの選び方

 

強力な保湿力

 

目元に起きる肌トラブルの大本の原因に、乾燥があげられます。
そのため、目元パックの持っている保湿力はとても重要です。

 

 

コストパフォーマンス

 

目元パックは継続的に使用することで効果を発揮します。
なので、高価格でたまにしか購入できないと効果が期待できません。
無理なく継続的に使っていける価格のものを選びましょう。

 

 

無添加や低刺激性

目元パック 使い方 画像

 

顔の中でも目元の肌は特に薄くデリケートです。
また、目の近くで使うものですから、目元・目に刺激や負担を与えない
無添加・低刺激の目元パックを選んだ方が良いでしょう。

 

 

目元パックで起こりえる副作用・注意点

 

目安時間はきちんと守ること

 

貼付時間目安が目元パックごとにしれぞれ決められています。
その時間をきちんと守って、超えないように注意しましょう。

 

長時間貼るとシートが乾燥し、潤いを与えるつもりが逆に肌の水分を
失ってしまう可能性があります。

 

 

5mm程度は目から離す

 

あまりにも目に近すぎると、シートの美容成分が目に混入してしまったり、
眼球・粘膜に触れてしまうことも・・・
なので、目の際から最低でも3〜5mm程度ははなしましょう。

 

 

異常や異変を少しでも感じたら使用中止

目元パック 注意点 画像

 

目元パックの多くは、優しい処方の商品です。
アレルギーテスト済みも多く安心して使用できます。

 

ただし、体質・体調によって違和感や異常を感じることがあるかもしれません。
その場合は、使用をすぐに中止して病院などで相談しましょう。

 

目元パックは簡単に自分で本格的な目元ケアが出来きます。
しかし、間違った使い方をしてしまうことで逆効果になってしまう
場合もあります。

 

なので、事前に効果的な使い方などを理解し、最大限の効果を発揮させて、
若々しく理想的な目元を取り戻しましょう!

 

 

目元パック ランキング